DMM_logo

ニンゲンを襲え!ゾンビから逃げろ!50対50の大激突。

体験型ゾンビサバゲー『屍!!ゾンビ商事株式会社』イベントレポート

2014年11月15日、千葉県印西市の東京サバゲパークにおいて、ゾンビ50体vsニンゲン50人が激突するサバゲーイベントが開催されました。抜けるような青空の下、悲鳴と弾丸の飛び交った地獄絵図をレポートします。

前代未聞のゾンビイベントはDMM.comの大人気オンラインゲーム「HOUNDS」「感染×少女」の2タイトルのコラボレーションによって実現。謎の超ブラック企業「ゾンビ商事株式会社」の社長が社員を24時間働かせるために薬を飲ませてゾンビ化させてしまう。運良くゾンビ化をまぬがれた“鈴木”と憧れの先輩“夏子”はゾンビ社員達に囲まれながらも会社を脱出する。しかし、その途中で夏子がゾンビに噛まれてしまった。このままでは夏子もゾンビになってしまう。それを防ぐには社長が隠し持つ“血清”を手に入れなければならない。というのがイベントの前日譚。

そしてイベント当日、夏子を助けるために血清を探すニンゲン50人とニンゲンを全滅させようとするゾンビ50体、さらに「HOUNDS」「感染×少女」の世界から強力な助っ人、さらにさらに、現在大人気のレディビアードちゃんまでもが集結し、広大なサバゲーフィールドを舞台に血みどろの追いかけっこが実現しました。

午前10:00、一足先に会場入りしたゾンビ志願者50名がプロのメイキャップアーティストの手で次々とゾンビへと生まれかわっていきます。

血まみれのワイシャツやブラウスを着てゾンビ商事にご出勤!

ヒゲの女装アイドル、レディビアードちゃんもメイク開始。

地獄の妖精、ゾンビアード誕生!!

「HOUNDS」の世界からニンゲンをサポートするために参戦した特殊部隊「ピースメーカー」のメンバー。お揃いの装備がかっこいい!

「感染×少女」のメインキャラクター「波間七海」としてニンゲンを助ける女優の梶原みなみさん。

正午、ニンゲン参加者50名が到着。いよいよ対決!の前に…

まずは、みんなで仲良くお昼ご飯。「もうやんカレー」の激うまカレーが無料で食べ放題!

腹ごしらえが済んだところでゾンビ商事狂気の幹部が開幕宣言。左から“ゾンビ部長”、“ゾンビアード”、諸悪の根源であるゾンビ商事株式会社の“社長”、そしてゾンビ薬を開発しイベントの司会も務める“博士”。

ゾンビ対ニンゲンの戦いは3つのステージで展開。ファーストステージはフィールド内の廃バスを目指すニンゲンチームとそれを阻止するゾンビの戦い。

ニンゲンはライフゲージとして“血袋”を腰に装着。全ての血袋をゾンビに奪われたら“感染して”負けてしまいます。

ゾンビもニンゲンも「走ってはいけない」というルールのため、隠れたり挟み撃ちを仕掛けながら、ゴールのバスを巡って戦います。

見事に血袋を奪ったゾンビ。フィールドのあちこちから悲鳴(歓声?)が上がる。

バスの近くでニンゲンを威嚇するゾンビアード。異常にかっこいい。

試合中唯一エアガンでの攻撃が許されている特殊部隊。ゾンビプレイヤーは特殊部隊に撃たれている間は攻撃できない。

特殊部隊がゾンビを足止めしている間にバスを目指すニンゲン。

セカンドステージは廃バスに立てこもったニンゲンチームをゾンビが包囲するところからスタート。

バスを揺らして威嚇するゾンビ。ニンゲンはゾンビの隙を探してゴールの廃墟を目指します。

“波間七海”はピンチになったニンゲンに血袋を補給してくれる回復キャラ。

ゾンビが手薄な場所を探してゴールを目指すニンゲン。追いすがるゾンビ。

最後のクライマックスステージでは、生き残ったニンゲンvsゾンビ全員、さらに生き残れなかったニンゲンがゾンビとして参戦して全面対決!16名の特殊部隊も全員投入されて撃って撃って撃ちまくる!

ゾンビ化が迫る夏子のための大切な血清をニンゲンから奪ったゾンビ。

試合終了。ニンゲンプレイヤーが持ち帰った血清を飲んでゾンビ化から救われた夏子。「メロンソーダの味がするー!」と明るく笑う夏子を演じたのは女優の小林夏子さん。

最後は表彰式。最優秀ニンゲンとゾンビが選出されました。

すべてのステージをクリアしたニンゲンにはゾンビ商事の敵として、社長から懲戒免職の通知を進呈されました。

もっとも多くニンゲンの血袋を奪った最優秀ゾンビにはゾンビ商事株式会社の内定通知書を社長から手渡し&熱い抱擁!

戦い終わって日が暮れて…ゾンビメイクを落として帰路につくみんな。一部のゾンビはメイクを落とさずに夜の街へと消えていった…。

Special Thanks

・『中野シーライオン』本村さん
サバイバルゲームをコンサルをしてくれた代表の本村さん。
・『ピースメーカー』の皆さん
特殊部隊を演じてくれた日本最強のサバゲーチーム。
・『アクトトラベル』さん
無茶苦茶な企画をサポートしてくれた旅行代理店。
・『もうやんカレー』さん
絶品カレーで100名以上のお腹を満たしてくれました。
・メイキャップアーティストの皆さん
<千葉美生さん、鈴木紗希さん、山本隆太さん、武田洋子さん、松野亜莉沙さん、横内真代さん、ゾンビーナ2号さん、ゾンビーナ6号さん>
50体以上もの迫力満点のゾンビを生み出してくれました。
・『ピースフル』さん
救護所を設置して万全の備えを提供してくれました。
・『東京サバゲパーク』さん
素晴らしい舞台を提供してくれただけでなく、イベントへの多大なるアドバイスもいただきました。
・俳優の皆さん
<小林夏子さん、梶原みなみさん、レディビアードさん、金古将太さん、ノムラタツヤさん、奥谷建太さん>
ノリノリの演技で全てのお客さんを盛り上げてくれました。
・ボランティアスタッフの皆さん
献身的な働きでイベントをスムーズに運営してくれました。
・メディア関係者の皆さん
実際のゲームにも参加して、素敵な記事を書いてくれました。